サーファー名言集「レイアード・ハミルトン」

スポンサーリンク

Laird Hamilton at Teahupo’o ©Scott Aichner

僕は恐怖に尻込みして生きるのがイヤなんだ。

By レイアード・ハミルトン

恐怖に尻込みすると自分の精神を殺すことになる。恐怖に一歩目を躊躇したら死んだ魚のような目になる。だから怖くてもまず一歩を踏み出す。



僕があんなふうに乗れるのは、相棒に恵まれているからだ。彼らがプッシュしてくれるからレベルが上がるんだ。

By レイアード・ハミルトン

何かを成し遂げる人には、必ず大切な仲間がいる。人は最後のところで、自分のためだけでは力を発揮できないのではないかと思う。最後の最後は、支えてくれた人のために能力を超えた力を発揮するのである。この瞬間、あなたの頭に誰かよぎっただろうか?

このために鍛えてきた。チャンスは逃したくないよ。

By レイアード・ハミルトン

プロサーファーでさえ死者が出るタヒチのチョープー波に乗ったレイアード。彼に対してパットクレーンが「なぜあんな波に乗る?なぜ命を懸けてまであんな波に?」という問いに対する答え。あなたはチャンスをとらえる準備が出来ているだろうか?

チョープーで声がした。やめろ失敗する。でも別の声が。やめたら成功しない。

By レイアード・ハミルトン

成功する秘訣は簡単。やめなければよい。なぜなら、必ずやめる人がいるからやめない人が成功する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク