サーフィン初心者必見!サーフィンのルールとマナー

スポンサーリンク


波は誰のものでもなく、みんなで共有するもの。

それでも最低限のルールがあり、お互いに気持ちよくサーフィンするためには大切です。特に初心者の方がルールとマナーを守れていない場合もあるため、お互い気持ちよくサーフィンを楽しむためには知っておきたいものです。



サーフィンを行う際にサーファーが守っておきたいことは下記の5つがあります。

① 海を守る意識

② 気持ち良い連帯感&バイブスを大切に!

③  前乗り厳禁!

④ ローカルへの配慮

⑤ 進路を塞がないように

これの5つを守れば大丈夫!

海を守る意識

何よりも大切!自然と海に感謝です。サーフィンが上手いことよりも、海を大切に出来るほうがよい!

人生の喜びを与えてくれた海を大切にしたいものですね。もちろん海で歩きタバコやゴミを捨てるなんてもってのほかです・・・。

気持ち良い連帯感&バイブスを大切に!

ピーク(波が最初に割れる位置)から波に乗ろうとしている人がいて、その人が確実に乗りそうな場合は、進路を空けて「ゴーゴー」と気持ちよく乗せてあげよう。

自然なローテーションがある場合は、その雰囲気を壊さないような配慮も心がけたい。波と一体になるのと同じように、同じサーファーとも連帯感をもってサーフィンを楽しみたいものです。

前乗り厳禁!

ピークからテイクオフしている人がいるのに、その横から同じ波に乗る「前乗り」(=ドロップイン)は、ライディングを遮られるばかりか、危険も伴います。仲間だけで波乗りしている場合はともかく、これをやったらかなりのルール違反です。

波に乗る優先権は、ピーク(波が最初に割れる位置)に近いところから乗ったサーファーにあり、どんなに混雑していようとも、1つの波には、1人が乗る「ワンマン・ワンウェイブ」が基本です。

間違って乗ってしまったらすぐにライディングを中止し、素直に謝りましょう。

ローカルへの配慮

ローカルはビーチクリーンを行ったり、そのエリアでサーフィンできる環境を維持するために、駐車場やトイレ問題の対応などを行ってくれています。そのポイントを守ってくれているローカルをリスペクトしよう!

もしローカル色が強いポイントやキャパシティが少ない場所、少人数で入るか、入ることを遠慮するのも、ひとつのマナーです。

もちろんポイントに入る際にはローカルの方に一言挨拶を忘れずに!

進路を塞がないように

ゲティングアウト(沖に出る)時は、波に乗っているサーファーを邪魔しない十分な配慮を!

基本的にはライディング中のサーファーの進行方向とは逆の方向へ避けてあげて、ラインを塞ぐなどの邪魔をしないこと。

※ただし、乗っているサーファーが転ぶ可能性や突っ込んでくる可能性もあるので、臨機応変に回避を。また、絶対にボードは手から離さないこと。

また、混雑している時にインサイド(岸寄り)で波待ちするのもNGです。万が一クラッシュしてしまったら、相手に声をかけて怪我が無いか確認しましょう。

サーフィンは人と自然を繋げてくれるもの。

本当は初心者も中級者も上級者も気持ちは同じ、波と一体となる感動が忘れられないのです(笑)。

相手の感動を喜び、相手に対する配慮を忘れずに波乗りを楽しみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク